レシピ(recipe)

【寒い日にはやっぱりお鍋】家にある材料で石狩鍋

レシピ情報
  • レシピ名:石狩鍋
  • 調理時間:20分
  • 材料費:400円

寒い日が続くと辛い物や温かいものが食べたくなりますね…。僕だけでしょうか?

今回は、冬といえばやっぱりお鍋!ということで北海道の石狩鍋を紹介します。

味噌とバターの組み合わせは、相性ばっちり!いかにも北海道らしさを感じますね。

具材の鮭やキャベツからも旨味がたっぷり出ていてモリモリ食べてほっこり温まるそんな鍋になっています。

鍋の素を使わずに家にある材料で作れますのでぜひ作ってみてくださいね。

【寒い日にオススメ】具がたっぷり入った鮭のかす汁今年は温かい日が続いていましたが、最近少し寒くなりましたね...。ということで今回は、身体温まる鮭を使ったかす汁を紹介します。かす汁といえば初詣の出店などで食べるイメージがあって、寒い日にぴったりと感じるのは僕だけでしょうか(笑)寒い外で食べるかす汁は、おいしく身体も温まって一石二鳥、出店で売っているのも納得ですね。本当よくできているものです。...

材料(4人分)

  • 鮭 3~4切
  • じゃがいも 3個
  • 玉ねぎ   1個
  • キャベツ  1/4個
  • 無塩バター 20g
  • 粗びき黒コショウ 適量
  • 鍋スープの素
    • 合わせ味噌 大さじ5
    • 醤油    大さじ1
    • みりん   大さじ1
    • 砂糖    大さじ1
    • 昆布    5g
ちゃんま

具材はお好みですが、個人的に玉ねぎは必須!

甘くなった玉ねぎは、味噌バターとよく合いますよ

【牛乳で作る】ほっこり甘いかぼちゃのポタージュスープ牛乳で作るサラッとした食感が特徴のかぼちゃスープです。 かぼちゃ本来の甘みを活かした作り方になっています。 かぼちゃを潰したり、スープを濾す作業がないので手間もそれほどかかりませんよ。...

作り方

作り方早見表
  1. 鍋に鍋スープの素の材料をいれ、味噌が溶けるまで混ぜます。
  2. 玉ねぎじゃがいもをいれ、火にかけます。鍋が沸騰する前に昆布を取り出し弱火に落としましょう。
  3. 別の鍋に湯を沸かし、鮭の切り身を5秒ほど湯通しします。 湯通ししたらざるにあけ、水で軽く洗いましょう。
  4. 鍋に鮭の切り身とバターを加えましょう。
  5. バターが溶けたらキャベツを加え、2分程茹でたら完成です。
  6. お皿に盛り付け、お好みで粗びき黒コショウをトッピングしてくださいね。

鍋に鍋スープの素の材料をいれ、味噌が溶けるまで混ぜます。

玉ねぎじゃがいもをいれ、火にかけます。鍋が沸騰する前に昆布を取り出し弱火に落としましょう。

ちゃんま

今回は、余ったブロッコリーの芯も入れてます

別の鍋に湯を沸かし、鮭の切り身を5秒ほど湯通しします。 湯通ししたらざるにあけ、水で軽く洗いましょう。

ちゃんま

余分な脂やアラ、鱗をとるための工程です

この工程を霜降りといいます

鍋に鮭の切り身とバターを加えましょう。

バターが溶けたらキャベツを加え、2分程茹でたら完成です。

お皿に盛り付け、お好みで粗びき黒コショウをトッピングしてくださいね。

ちゃんま

締めはコーンを足して味噌バターコーンラーメンなどいかがでしょうか

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

さちめしでは誰でも再現できる、分かりやすいレシピを目指しています。

分かりにくいところがあれば、気軽にコメントお願いします。それでは

『今日も美味しいご飯で幸せな時間を』

鮭のムニエル【特製レモンバターソース】今回は、鮭のムニエルを作っていきます。今回は、トマトとレモンの酸味をギュッと濃縮した特製レモンバターソースで仕上げてみました。かなり濃厚な味わいになっているので、ご飯やパンと合わせて食べるのがおススメです。白ワインなどのお酒とも相性がいいですよ。...
ABOUT ME
ちゃんま
レシピブログ、ネクストフーディスト5期生就任しました。自分が作った料理を食べた人から「おいしい」と言ってもらえる。そんなおうちごはんを目指して毎日料理しています。