お魚(fish)

鮭のムニエル【特製レモンバターソース】

レシピ情報
  • レシピ名:鮭のムニエル【特製レモンバターソース】
  • 調理時間:30分
  • 材料費:400円

今回は、鮭のムニエルを作っていきます。今回は、トマトとレモンの酸味をギュッと濃縮した特製レモンバターソースで仕上げてみました。かなり濃厚な味わいになっているので、ご飯やパンと合わせて食べるのがおススメです。白ワインなどのお酒とも相性がいいですよ。

ちゃんま

魚料理は、あまり得意ではありませんが、ムニエルには自信があります

くろ吉からは、お店で出しても遜色のない味とお墨付きをもらいました

くろ吉

ま、私のジャッジは甘めやけどな

材料(2人分)

鮭のムニエルの材料

  • 甘鮭(厚めがよい)2切れ
  • 小麦粉
  • オリーブオイル 大さじ1
  • バター 15g
  • 塩   小さじ1
ちゃんま

鮭はできれば、塩を振ってないものを使ってください

塩鮭を使う場合は、塩の代わりに酒を使います

レモンバターソースの材料

  • バター   20g
  • 醤油    大さじ1
  • にんにく  1かけ
  • トマト(小)1個
  • レモン汁  大さじ1
  • オレガノ  小さじ1.5
  • オレガノは、パセリやバジルでも構いません。風味は変わりますが、美味しくできます。
  • にんにくは、チューブで代用できます。(1かけ⇒5cmほど)
  • トマトは、ミディトマトという小さい品種を使っています。中サイズのトマトなら半分カットトマトを使うなら大さじ2で代用してください。

作り方

Step1 鮭を焼いていく

鮭の両面に塩をまんべんなく振り、5分放置します。

ちゃんま

塩鮭を使っている方は、塩ではなく酒を振ってください

鮭から出た水分をキッチンペーパーで拭きとり、小麦粉を全体にまぶしていきます。

ちゃんま

焼く前によぶんな小麦粉は、落としましょう

小麦粉が多いと鮭を焼く時に、小麦粉がとれて油が汚れます

鮭の皮目の方から焼いていきます。まずは皮目に焼き色がつくまで焼きましょう。

ちゃんま

鮭の皮と身の間に生臭くなる原因があります

皮目をしっかり焼くと、生臭さがなくなり鮭の旨味アップです

くろ吉

手でやると危ないから、鮭の皮目を焼く時にトングなどを使ってや

横着して真似したら火傷するで

ちゃんま

横着してすみません

皮目に焼き色がついたら、両面焼いていきます。両面焼けたらバターを加え、全体に絡ませましょう。

ちゃんま

スプーンを使って溶けたバターを、鮭に繰り返しかけてあげてください

この工程はフレンチの技法で、アロゼというそうです

youtubeでプロの料理人が言ってました

くろ吉

(…なんでドヤ顔)

しっかり焼き色がつき、バターを回しかけたら一度皿に取り出しておきます。

ちゃんま

次にソースを作っていきます

フライパンに鮭の旨味が残っているので、そのまま使いましょう

くろ吉

汚れがひどい場合は、軽くキッチンペーパーで拭いてあげてな

Step2 特製レモンバターソースを作る

特製レモンバターソースの材料(オレガノ以外)を鍋に入れ、弱火にかけていきます。トマトを潰し、バターが溶けたら味をみて、ちょうど良い塩加減まで煮詰めましょう。味がまとまればオレガノをいれ、ソースは完成です。

焼いた鮭にソースを回しかけて、盛りつければ完成です。

ちゃんま

かなり濃厚なムニエルになっているので、パンにもご飯にも合います

くろ吉

もちろんお酒にも合うで!

濃厚な酸味のきいたソースがたまらん

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

さちめしでは誰でも再現できる、分かりやすいレシピを目指しています。

分かりにくいところがあれば、気軽にコメントお願いします。それでは

『今日も美味しいご飯で幸せな時間を』

ABOUT ME
ちゃんま
自分が作った料理を食べた人から「おいしい」と言ってもらえる。そんなおうちごはんを目指して毎日料理しています。定番レシピから変わり種まで色々投稿中。型にとらわれない料理が大好きです。(失敗もありますが...(笑))