お菓子(sweets)

【フードプロセッサーで作る】バスク風チーズケーキ

投稿者ちゃんま

材料をフードプロセッサーに入れるだけのお手軽チーズケーキです。
去年から流行っているバスク風チーズケーキを作ってみました。

本場ではデザート以外にもおつまみとしてオリーブオイルをかけて食べたりするそうです。
焦げたカラメルの程よい苦みがチーズケーキのいいアクセントになっているので白ワインとか合いそうですね。

材料

1 人分
調理時間40 分
15cmホールケーキ型
 クリームチーズ 200g
 上白糖     50g
 卵       2個
 生クリーム(動物性)200g
 薄力粉     大さじ1

手順

1

オーブンは230℃に余熱しておきます。

2

クッキングシートを型にセットします。
シートを切ったりする必要はありません。
型に沿わすように押し込みます。
クシャクシャになると思いますがそれでOKです。
焼き上がりでいい感じになります。

3

材料をすべてフードプロセッサーにいれ攪拌します。

4

材料の攪拌が終われば型に流し入れ、5cm程度の高さから落として空気抜きをしておきましょう。

5

230℃で20分焼き、200℃に下げて10分焼きあげれば完成です。

ひとことメモ

  • 今回は、焦げの部分をしっかり作りたいので上白糖を使いました。グラニュー糖でもできます。
  • 生クリームは動物性生クリームを使用するようにしましょう。植物性でも作ることはできますが、味が軽くなるためカラメル部分の苦みに負けやすいです。
  • 本場では動物性の脂肪分47%ぐらいの濃厚な生クリームを使用するそうです。

材料

15cmホールケーキ型
 クリームチーズ 200g
 上白糖     50g
 卵       2個
 生クリーム(動物性)200g
 薄力粉     大さじ1

手順

1

オーブンは230℃に余熱しておきます。

2

クッキングシートを型にセットします。
シートを切ったりする必要はありません。
型に沿わすように押し込みます。
クシャクシャになると思いますがそれでOKです。
焼き上がりでいい感じになります。

3

材料をすべてフードプロセッサーにいれ攪拌します。

4

材料の攪拌が終われば型に流し入れ、5cm程度の高さから落として空気抜きをしておきましょう。

5

230℃で20分焼き、200℃に下げて10分焼きあげれば完成です。

フードプロセッサーで作るバスク風チーズケーキ

ABOUT ME
ちゃんま
自分が作った料理を食べた人から「おいしい」と言ってもらえる。そんなおうちごはんを目指して毎日料理しています。定番レシピから変わり種まで色々投稿中。型にとらわれない料理が大好きです。(失敗もありますが...(笑))