さちめしへようこそ

初めまして、さちめしの管理人のちゃんまです。

さちめしは、

  • 料理に悩める人の悩みを解決し、料理の楽しさに気づいてもらう。
  • 楽しいおうちご飯の時間作りをサポートする

ことを目標にしたブログですレシピを自分や家族や友人の好みの味に調整する方法なども伝え、料理を楽し幸せな食事の時間を過ごしてもらえるように力を尽くします。

すでに自分なりに毎日楽しく料理してますという方レシピを見に来てくださった方は、目次の『最後に…さちめしのレシピについて(重要)』だけでも読んでいただけると幸いです。

あなたにとって料理とは?

いきなりですが、皆さんにとって料理とはなんですか?

「毎日しないといけないもの」「趣味」など色々な答えがあるでしょう。子供さんなら「母親がしてくれること」、料理人だったら「仕事としてやっている」と答えるかもしれませんね。

僕は美味しいご飯を食べながら、家族や友人など大切な人たちと、幸せな時間を過ごすことが大好きです。またその幸せな時間を過ごすために、創意工夫しながら料理をすることが、とても楽しいです。

そう僕にとって料理とは、まさにエンターテイメント!

美味しい料理を作り、誰かを喜ばせることができる。そして美味しい料理を食べ、自分も楽しい時間を過ごす。こんなに充実感のある趣味が他にあるでしょうか?

とはいえ、尽きない料理の悩み

一方で毎日の料理に悩める方が多くいることも知っています。悩みを抱えながら作る料理の時間は、楽しくないですよね。僕自身も料理が辛い時がありました。忙しくて時間がない時、体調が悪い時、失敗続きの時など…。

そんな時期をどうやって乗り越えたのか?一言でいうなら『思考法』です。「えー…そんな気の持ちようみたいな話されても…」と思ったそんなあなたに、マザーテレサの言葉を紹介します。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

ーー マザー テレサ「5つの気をつけなさい」ーー

これは「思考、つまり考えていることが現実の自分を作っている。」というマザーテレサの言葉です。僕がこの言葉を初めて知った時、ちょうど料理が辛い時期でした。「好きだったはずの料理が面倒に…」そんなストレスもあり、周りにも心配をかけていたと思います。

この言葉のおかげで初心に返り、

  • 自分にとって料理とは?
  • なぜ毎日料理を作るのか?
  • こだわって料理を作っていたが、本当に必要だったのか?
  • 家族や友人と過ごす食事の時間について

など自分の考えていることを、紙に書きだして整理しました。その結果「やっぱり自分は、料理が好きなんだ。」ということを再確認しました。他にも考え方が整理できたおかげか、「料理を楽しむためには、どうすればよいか?」と考え工夫しながら、料理をするようになりました。

最初に言ったように、毎日の料理に悩める方は、本当に多いです。自分の経験を活かして、悩みを解決することで「料理が楽しいと思ってもらえたら、そして家族や友人と幸せな食事の時間を過ごしてもらえたら、素晴らしいことなんじゃないか?」と思い、レシピブログを始めることにしました。

さちめしでレシピ紹介やコラムを通じて、一人でも多くの方に料理を楽しんでもらえたらと思っています。

さちめしが提案するおうちご飯ライフ

僕が提案するのは、メリハリのあるおうちご飯作りです。

  • 楽する日は、徹底的に楽をする。
  • 頑張る日は、こだわってご飯を作る。

これだけだと実践している人も多いですよね。なのでさちめしでは、楽する日のご飯作りも簡単なのに、一味違うといったレシピ。また頑張る日のご飯作りは、休みの日など時間や体力のある時に挑戦して欲しいレシピを紹介します。

たださちめしは、料理を通じて楽しい時間を過ごしてもらうことが目標です。本当に料理が辛い時や面倒に感じるときは思い切って休むことをオススメします。僕だって毎食料理を作っているわけではありません。なにより作っている本人が辛いのであれば、きっと周りの人も心配されるでしょう。楽しく料理できるようになったら、また始めればいいのです。

最後に…さちめしのレシピについて(重要)

僕は「レシピは、あくまで1回目作るときに参考にするもの。」ぐらいにしか考えていません。理由は、人によって味覚は変わるから、そして自分でも体調によって味覚が変わるからです。性格上、少々などの表記が嫌いなため、できるだけ分量を細かく記載するようにはしています。しかしそれは、その日の僕がおいしいと思った分量です。別の日に作れば、きっと微調整して作るでしょう。

このように自分や振る舞う家族や友人の好みに寄せる調整法こそ、さちめしで伝えたいことです。僕は美味しい料理を食べたときどんな人だって幸せな時間を過ごせると信じています。だからこそ僕は、皆さんに自分で美味しく調整出来るようになって欲しいと思っています。そうすれば毎日の料理が楽しなり、あなたや大切な人の幸せな食事の時間につながることでしょう

最後まで読んでくださってありがとうございました。

我ながら大それたことを言っていますが、自身の料理を楽しむ心を忘れず、皆さんのお手伝いをしたいと思っています。そんなさちめしをどうかよろしくお願いします。